家庭教師になろう

家庭教師のアルバイトを始めるには、生徒を知り合いから紹介してもらって個人で行うというケースもありますが、多くの場合は派遣会社を介して行うのが一般的です。


家庭教師として実際に指導できるかを判断するために、まず学歴を確認され、通過すれば教える科目の学力試験や面接が行われます。
どんなに高学歴であっても、生徒に指導できるかどうかはまた違った資質が求められるからです。


相手の年齢や学力、性格などを把握した上で適切な教え方をできる人が、指導力がある人です。
コミュニケーション能力がなければ、どんなに本人が超一流の学校に合格した実績があっても採用をもらうことはできません。
生徒との対話力や適応能力は、ただ面接官からの質問に受け答えしてされるだけでは本質まで見抜けませんので、本番は圧迫面接に近いことが行われることも覚悟しておいた方がいいでしょう。


実際に家庭教師になれてからは、意外な特典がついてくることもあります。
学校が終わってから教えることになりますので、夕方以降の時間帯が多いことから、毎回夕飯が出されるおうちがあります。
志望校に合格したあかつきには、親御さんから給与とは別に謝礼がでるケースもあります。


家庭教師というビジネスをこれからスタートさせようという方は、時給の相場など最低限のことは知識として踏まえておくべきです。
当サイトでは、基本的なことについてご紹介しています。
基本を知れば不安要素も減りますから、当サイトをぜひ参考になさってみてください。

Copyright © 2014 家庭教師で働こう!条件、相場を解説します All Rights Reserved.